幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

「子育て貧困世帯が20年で2倍、39都道府県で10%以上」のニュースを考える

   

子育て世帯の貧困率が上昇しているとの研究結果が、山形大学の戸室健作准教授の研究で明らかになりました。

生活保護費以下の収入で暮らしている子育て世帯が直近の20年で倍増。

少子化で子供の数が減っているにも関わらず、にです。

都道府県別にみても39都道府県で子育て世帯の10%以上が貧困状態にあるとの厳しい結果です。

沖縄にいたっては子育て世帯の3件に1件以上の割合で貧困状態。

 

戸室氏は、総務省が国民の就業実態を調べるため、5年ごとに実施する「就業構造基本調査」のデータなどを分析。生活保護費の受給対象となる最低生活費以下の収入しかなく、かつ17歳以下の子どもがいる世帯数の20年間の推移を調べた。

 その結果、1992年に約70万世帯だった子育て中の貧困世帯数は、直近の2012年調査では約146万世帯に倍増していた。一方でこの間、子育て世帯自体は約1293万世帯から約1055万世帯まで約2割減っているため、「子どもの貧困率」(17歳以下の子どもがいる世帯に占める貧困世帯の割合)は5.4%から約2.6倍の13.8%に悪化した。

 都道府県別では、貧困率が高い順に(1)沖縄(37.5%)(2)大阪(21.8%)(3)鹿児島(20.6%)(4)福岡(19.9%)(5)北海道(19.7%)−−と続き、ワースト10のうち8府県が西日本に集中した。10%を切ったのは、最も低い福井(5.5%)など8県にすぎず、残りは10%以上だった。また、1回前の調査(07年)と比較すると、埼玉、千葉、神奈川などの首都圏や三重、静岡などの中京圏で全国平均を上回る貧困率の上昇がみられた。

毎日新聞(2016年2月18日)より引用

 

18日(一昨日)の夜、FMラジオを聞いていたところ、番組のメッセージテーマが「子育て世帯の貧困拡大に、ひとこと!」でした。

JAM THE WORLD(J-WAVE)リンク

その番組の中で、今回の研究結果を発表した戸室准教授が電話でインタビューに応じていました。

電話インタビューの中で印象的であったことは、貧困化が全国で「高位平準化」しているということ。

かつて貧困率が低かった都道府県も上昇し、全体的に高いレベルになってきていることです。

地域に差はあるものの、国全体で「子育て貧困」が進んでいると言えます。

 

戸室准教授へのインタビューでも説明がありましたが、「子育て貧困」の主な原因は親の労働環境の変化です。

非正規雇用比率の上昇や、リストラ、賃金カットなどが影響し、収入が減少し子育て世帯の生活環境を悪化させてしまったと言えます。

 

年金など社会保障政策が高齢者に偏っているという指摘もあります。

日本は高齢者の人口比率が高いため、選挙対策として政策が高齢者重視なるのでしょう。

しかし、少子化対策で必要なのは現役世帯への援助・生活保障にあることは明らかです。

先の見通しが立たなければ子供も産めませんし、教育に支出ができません。

子育て・教育が生きていく上でのリスクになるのは、問題だと思います。

 

 

2月15日には、はてな匿名ダイアリーに「保育園落ちた日本死ね」の書き込みがなされ反響が大きくなっています。

保育園落ちた日本死ね!!!

保育園の抽選に落ちて復職ができない母親の怒りの書き込み。

報道等でも大きく取り上げられています。

「保育園落ちた日本死ね!!!」ネット上で激論(TSB News i)

書き込みには賛否両論ありますが、切実な訴えであることには違いありません。

 

 

子供を産んで育てるという人間として当たり前のことが難しくなっている気がします。

政府の施策に期待できないとなると、自己防衛しかないのでしょうか。

他人事ではありません。

気が重くなりますが、世知辛い生活環境を生き抜いていきたいです。

 

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。

↓応援いただけると日々の更新の励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

 

 - 教育関連事件・ニュース, 格差