幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

小学校おやじの会に入ってみた1年を振り返る

   

 

多くの小学校で設置されているおやじの会。

小学校に通っている子供の父親が参加するPTAに準じた組織で、学校行事のサポートを行います。

 

わたしが小学校のおやじの会に入ってもう少しで1年になります。

そこでおやじの会に入った感想をまとめてみます。

 

 

そもそもおやじの会がなんなのか知らなかった

わたしは小学校のおやじの会という存在をよく知りませんでした。

子供が小学校に入学してしばらく経った時に、学校から「おやじの会入会のお願い」のプリントを持って帰ってきました。

その当時、息子は不登校になりかけていた時期でした。

担任の先生や校長先生に迷惑をかけていましたので、それだったら恩返しのつもり、軽い気持ちで入会することにしました。

 

おやじの会入会届を出したのを忘れた頃、休日携帯が鳴ります。

お相手はPTA会長でした(男性)。

「再来週、学校行事のお祭りがあるから土曜日10時に学校に来てくれる?」

突然の呼び出しでした。

 

 

おやじの会の構成員は全校生徒中10名

ちょっと緊張しながら当日学校のグラウンドに行くと、PTA会長が待っていました。

「よろしく!」と握手され、作業の内容の説明(会場の設置、運営手伝い)を受けました。

 

集合時間を過ぎて他のメンバーの方々がぱらぱらと集まり始めました。

わたしは新入りですので皆さんに挨拶をして指示を待ちます。

「では全員揃ったので始めましょう」とPTA会長。

 

おやじの会のメンバーは全部で10名。

全校生徒は何百人もいるというのに、人数の少なさにびっくりしました。

でも皆さん仕事をされているでしょうから、仕方のないことかもしれません。

 

少人数ということもありメンバーの名前と顔を憶えるのに時間はかかりませんでした。

皆さん気さくな方で、それから行事がある毎に皆さんと交流し少しずつ慣れていきました。

 

 

 

毎月1回は招集される

他の学校のおやじの会はどのような運営がされているのでしょうか。

わたしが参加しているおやじの会は毎月招集されます。

 

学校行事・PTA行事・地域の行事、活動の垣根無くお手伝いしているため、思った以上に活動回数が多いと感じます。

小学校の合唱発表会の交通整理、盆踊りの会場設置、町内会のお祭りお手伝い等・・・

 

もっと緩い組織なのかなと思ったら大違いです。

PTA会長直轄部隊のような位置づけ。

何でも屋さんです。

 

 

任期は6年間

PTAのように1年交代するものと思っていました。

しかし、子供が小学校にいる6年間ずっと会員であると。

 

我が家はゆっくん1人のみですので、6年でお役御免です。

兄弟がいらっしゃる方は、上の子が卒業しても下の子がいるため任期続行。

中には10年選手もいらっしゃいます。

 

大変だなあと思うと同時に、純粋に子供に対する思いが深いから続けられるんだろうなと思いました。

 

 

一年経った感想

父親同士の知り合いができたことはよかったこととして挙げられます。

メンバーは年齢も職業もばらばらです。

ですが、「子供のためにできることしよう」という気持ちは共有しています。

企画した行事が子供達の反応がよいと素直に嬉しくなります。

 

行事が終わった後の飲み会や、年始の飲みも参加しています。

会社の飲み会は気が重いのに「おやじの会」飲みは気を遣わずに出席できています。

損得が絡まない関係だからでしょうか。

 

おやじの会を通じて校長先生との距離が近くなったこともよかったことです。

行事毎に顔合わせしているうちに、子供のことを気軽に相談できるようになりました。

 

PTA会長が「おやじの会」を上手くまとめている点も大きいと感じます。

会長はPTA運営に関しても苦労しつつ、求心力をもって運営しています。

ママさん方の苦情・不満を時には受けて、時にはかわして。

PTAの皆さんの要望をまとめるのが特に大変。

中にはクレームの激しいママもいるとのこと。

おやじの会で酒を飲みながら会長はため息をついていました。

 

もっともPTAの在り方は考えていく必要があるかもしれません。

家族構成や働き方が変わってきているのにPTAの組織は昔と同じ。

負担ばかりが重くなる運営は誰もやりたくないし、疲れます。

 

 

デメリットとしては毎月1回以上の集まりがあることです。

他の予定とバッティングすることもあり、調整に苦労することも。

正直、今日は疲れているから行きたくないなあと思う時もあります。

 

ですが、1年経ってみて参加してプラスの方が多いかなと思っています。

毎月おやじの会で招集されるといっても、打ち合わせ含め多くても月2~3回ほど。

今のところそれほどの負担感ではありません。

 

あと5年間の任期、どこまで続けられるかわかりませんが、できる限り継続していきたいと考えています。

 

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。

↓応援いただけると日々の更新の励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

 

 - 生き方