幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

基本動作ができない息子のためにタスク表を作ってみた

   

毎日同じことでお小言を言われているゆっくん

ご飯は早く食べる、歯を磨く、寝る前にトイレに行く・・・

 

朝と夜にするべきことは決まっています。

ですが、日常生活でやらなくてはいけないことをゆっくんは憶えることができません。

毎日毎日同じことを繰り返し言われています。

 

さて、どうしたらこの人は日常基本動作ができるようになるのか?

そこで考えたのが基本動作タスク表です。

 

 

基本動作タスク表を作ってみた

朝、夕方、夜、それぞれに平日息子がやるべき項目を書き出しました。

項目をエクセルで打ち込み、画像を加え、最後にラミネート加工を実施。

パンチで穴を開けて壁にかけ出来上がり。

全部で5枚になりました。

 

朝起きたらすること(朝のタスク表2枚)

朝タスク表1

・6時に起きる
・トイレに行く
・口をゆすぐ
・7時に朝ごはんを食べる。7時20分には食べ終える
・手を洗う

 

朝タスク表2

・ゆいちゃんにエサをやる
・歯を磨く、顔を洗う
・着替える
・ランドセルの中身確認
・7時40分に学校に行く

 

学校から帰ったらすること(夕方のタスク表1枚)

夕方タスク表3

・上着を片付ける
・手を洗う
・ガラガラうがい
・宿題をする

 

夜になったらすること(夜のタスク表2枚)

夜タスク表4

・部屋の片付け
・着替えの用意
・トイレに行く
・お風呂に入る
・着替える

 

夜タスク表5

・食事をする
・手を洗う
・ゆいちゃんにエサをやる
・歯を磨く
・トイレに行く
・9時に寝る

 

各シートとも、左側にやるべきタスクと関連するイラストを載せて、右側はシールを貼る箇所にしています。

やるべき項目ができたらシールを貼って達成感を味わえるようにしました。

 

 

タスクシートを作った後の反応

今までは、わたしが言ったことを嫌々やるような時も多々ありましたが、今のところゲーム感覚でテキパキタスクをこなしています。

あまりにも動作が早くなり、ロボットみたいです。

やらなくてはいけないことが可視化されたこと、終わったらシールを貼れることが嬉しいことが行動変化の要因と考えています。

このシートがシールで埋まれば(就寝以外)、自由に遊んでいられるということがわかったのも大きいと思います。

 

ただ、飽きやすい我が子なので、今後も注視が必要ですが。

 

同じことを何度行ってもなかなか直らない子供には、「基本動作タスク表」の作成を試してみてください。

きっと効果があると思います。

 

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。

↓応援いただけると更新の励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
中学校受験 ブログランキングへ

 - 育て方