幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

きっと親の方が緊張する中学校入試

   

今日、朝の電車で中学受験に向かう親子を何組か見かけました。

 

電車の中で持ち物チェックをしたり、寒くないか服装を確認したりする母子。

受験に向かう家族を見ていると、子供よりも親のほうがぴりぴりと緊張している親子が多かったように感じました。

 

それはそうですよね。

子供と一緒に二人三脚で受験を頑張ってきたんですもの。

受験当日を無事迎えられるように体調管理に気をつけ、ようやく試験場に向かうのですから。

 

わたしが同じ立場になった時、やっぱりきちんと子供が実力を出して解答できるか心配で落ち着かなくなると思います。

受験会場に向かう親子を見ていたら、自分の事のように感じられ、そわそわしてしまいました。

自分が受験するわけではなく、自分ではどうにもならないところが、もどかしいと思う要因なのだと思います。

後は祈るしかありません。

自分が受けたほうが10倍くらい楽です。

 

将来の自分の姿を受験会場に向かう親子に重ね、頑張ってと祈りました。

 

受験を終えた父母の方、お疲れ様でした。

 

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。

↓応援いただけると更新の励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
中学校受験 ブログランキングへ

 - 中学受験