幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

飼い犬になめられる息子

   

 

うちには小型犬が1頭います。

ゆいちゃんといいます。ミニチュアダックスのおばあちゃん(11歳)です。

 

ゆいちゃんはとても大人しい性格です。

飼い主に噛みつこうとしたこともありませんし、お留守番もちゃんとできます。

彼女はほぼ一日中寝ています。フローリングと色が同化していてどこにいるかわからないくらいです。

眠り猫ならぬ眠り犬。

 

そんなゆいちゃんですが、息子に対しては強気です。

ゆいちゃんの前を通った時など、不意にうーっと吠えて後を追っかけたりします。

息子がいつも突拍子も無い行動をとるのが怖いのか、自分より後から生まれてきたから年下と思っているのか。

ゆいちゃんに毎日エサをやっているのはゆっくんなのに・・・。

 

飼い犬になめられ気味の息子ですが、エサ係は毎日忘れずせっせと行っています。

吠えられると怖くなるものの、基本的にはゆいちゃんのことは好きなようです。

自分のご飯を食べ終わったら、すぐにゆいちゃんのエサをあげます。

エサ係の責任感でしょうか。

 

ゆいちゃんも通常はゆっくんの近くに静かにしていたり、息子の足をぺろぺろ舐めたりと嫌いではなさそう。

犬は犬なりに思うところがあるのでしょう。

 

子供は、ゆいちゃんの世話を通じて思いやる気持ちなどが育まれているように思います。

昔通っていた小学校で、ウサギなどの小動物を飼っていた理由がようやくわかりました。

 

ゆいちゃんも大切な家族の一員です。

これからも良いお姉ちゃんとして、息子のしつけに協力してね。

 

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。

↓応援いただけると更新の励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
中学校受験 ブログランキングへ

 - 育て方