幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

子育てで心が凹んだ時に心掛けたこと(小学校2年生を振り返りつつ)

   

4月ですね。

子供は3年生になります。

学校ではクラス替えがあります。

今年はどのようなクラスになるのか。

担任の先生はどのような方になるのか。

心配です。

 

発達障害と診断された子供を持つ親で、同じ様に心配されている人も多いではないかと思います。

新しい季節、新しいクラス、春は楽しみですけれど、子供の事となると不安な気持ちが上回ります。

 

 

小学校2年生を振り返る

小学校2年生の一年間も、色々ありました。

担任の先生と折り合いが合わなかったり、学校に行きたくないと子供が言い出して学校を休んだり、同級生のママから苦情(結果的には誤解)の電話がかかってきたりと。
【関連記事:同級生のママから苦情の電話

特に、同級生のママからの電話がきつかったです。

この一件で、クラスの中で”変わっている子”と思われている側面もある事を認識しました。

このまま成長していくと周りの同級生から避けられたり、いじめにあう可能性もあるのかもしれないとも考えました。

わたし自身、一時はとても辛く、後ろ向きな気持ちになっていました。

 

 

問題の捉え方が大事なのかも

色々ありましたが、色々あるのが子育てと言えるのかもしれません。

その中でも、発達障害やその他障害を持った子供を育てるのは、一般の子育てよりも大変な事が多いはず。

通級で知り合ったママも、日々の苦労を話しながら泣いてました。

 

なぜ、こんな辛い事や悲しい事が身に降りかかるのかなんて考える事もあります。

子供や誰かのせいにできたら楽になれるのに。

でも、他の誰かのせいにしても、いっときは楽になれるかもしれないけれど、根本的な解決にはならないと思うのです。

 

問題が発生した時、どのように捉え、考えるかが重要といった話を昔聞いた事があります。

子供の事で問題が発生した時に、「なんてついていないんだろう」と思うか「開き直って自分のできる事をやってみよう」と思うかの違いみたいなもの。

辛くて後ろ向きになる時はあるけれど、自分にできる事から少しずつやっていくと、徐々に良い方向に行く。

これまでの経験から実感します。

 

本当に辛い時は、いっとき忘れてみて(問題と距離を置いて)気分転換するのもありですよね。

時間が経つと心も落ち着いて、どうしていけばいいかわかる時もあります。

 

問題と向き合う、子供と向き合う、そして自分と向き合い内省する。

子育ては親育てでもあると思って、これからも出来る限り前向きに、楽しんで子育てをしていきたいと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓応援いただけると日々の更新の励みになりますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 - 生き方