幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

男の子の育て方に悩んでいた時に読んだ本

   

 

今でこそ、男の子ってこんなもんだと受け入れるようになりましたが、昔は全く理解ができませんでした。

 

女の子の方がよかったなあと思うことも正直言ってありました。

一緒に買い物に出かけたり、料理をしてみたり。

女の子がいるママは一緒に楽しめてうらやましいなと。

 

それに引き換え、うちの息子ときたら。

意味も無く大声で叫んでみたり、行く先々で走り回って迷惑をかけたり、汚いものでも平気で触るわ。

それでいて、プライドは高かったりするのです。

同じ生き物とは思えませんでした。

 

 

さて、この人との接し方はどうすればよいかと悩んでいた時に、読んだ本です。

言うこと聞かない!落ち着きない!男の子のしつけに悩んだら読む本

タイトルそのままです。

書店で平置きになっていた時に目にとまり、購入しました。

 

 

本の内容はこんな感じです。

第1章 男の子の「しつけ」はタ~イヘン!?
第2章 男の子がのびのび育つ「しつけない」しつけ
第3章 親が5%変わるだけで、子供は50%変わる!
第4章 「男の子がいる楽しさ」はこれだ!
第5章 子育てがラク~になる、ちょっとした考え方

男性の保育士の方が書いている本です。

息子の日常あるあるが本の中にいっぱいありました。

本の中に男の子の特徴がまとめられていますが、そうそうと思うものばかりでした。

これが男の子だ!
・とにかく動くのが好き。動くものに惹かれる
・冒険的なことが好き
・自分の動作で物が動いたり音が出たりするのが好き
・何でも触って確かめたい、構造や仕組みを確かめたい
・「したい」と思ったらせずにはいられない、後先考えない
・強い物が好き、自分が一番になりたがる
・荒っぽいこと・破壊的なことが好き
・ふざけること・品のないことが好き
・汚いことを汚いと思わない、気にしない
・一人でも平気、おたく傾向がある

言うこと聞かない!落ち着きない!男の子のしつけに悩んだら読む本
すばる舎 原坂一郎 より引用

「あきらめる」と子どもにやさしくなれる、悩みは「他人事」にするとよい等、参考になることがいっぱいありました。

 

本の中で、子どもはお母さんの笑顔をいつも待っているという記載もあります。

お母さんが笑顔を見せるだけで子どもは笑顔になりますという箇所を読んで、

そういえば、毎日ゆっくんの子育てに疲れてあまり笑ってなかったなあと反省しました。

 

全てが本のように上手くできるようにはなりませんでしたが、考え方が変わりました。

 

今では甘えん坊で、おバカな息子をそのまま受け入れ、一緒に成長していきたいと思っています。

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。

 - 本の紹介, 育て方