幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

発達障害ケースワーカーさんと面談をした結果

   

発達障害者支援センターに行ってきました。

今回の目的は、ケースワーカーさんとの面談です。

子供の教育の選択肢について意見交換をしてきました。

 

ケースワーカーさんは、わたし同年代の女性の方。

事前に、子供の状況はお伝えしていました。

公立の学校に通う以外に、どのような選択肢があるか探してみてくれるという事でしたので期待して面談に臨みました。

 

 

おススメできるよい教育の選択肢が現状無い

「相談をいただいてから色々と調べてみたのですが、近いところでお子さんにぴったりと合うような施設はなかったんですよ。」

ケースワーカーさんが調べてくれた結果の報告してくれました。

まだ小学生2年生ということで、近場で受け入れができるような学校はなかなか無いと。

もう少し大きくなったら、選択肢がいくつか出てくるようです。

 

ケースワーカーの方からすると、今の子供の年齢でフリースクールに入れるのは、あまりお勧め出来ないとのことでした。

「もう少し生活のリズムを身に付け、自分の意志がはっきりとするようになってからフリースクールを検討してもよいのでは?」と示唆を受けました。

 

ケースワーカーさんのお話の結論としては、”子供が学校に行くと言っている間は公立小学校に通い、行きたくなくなったら家で見る”という事でした。

加えて、小学校高学年になったらフリースクールや私立も考えてみましょうと。

 

状況は進展無しです。

なかなか上手くいかないものですね。

 

 

担任の先生の対応について

ケースワーカーさんの話によると、今の担任の先生のようなベテランは、発達障害児の対応が下手な方が意外に多いということです。

ご自身の考え方・教育方法が固まっていて、今の発達障害への教育についていけてないケースをよく聞くと。

担任の先生から直接私立の小学校への転校を勧められた件については、「ちょっと信じられません」と驚いていました。

 

先生とのこれまでのやり取りを聞いたケースワーカーさんが、次のようなアドバイスをしてくれました。

「担任の先生は、ゆっくんママの話をよく理解されていないのかもしれません。先生を傷つけないように我慢している事や、婉曲的に伝えようとしている事があるように感じました。はっきりと先生にご自身の気持ちを話してみてはいかがですか?」

確かに、これまではっきりと自分の気持ちを伝えていない事もありました。

自分の気持ちをはっきり伝えることで、全てが解決するとは思いません。

でも、少なくともこちらがどう思っているかは伝えることができるし、ストレスは溜めずに済みそうです。

よく考えてみます。

 

 

まとめ

公立小学校に代わる学び場が現状見つからないのであれば、今をなんとか乗り越えていくしかないのかもしれません。

今は幸いにも子供は、学校には行くと言っています。

先生とは同じやり取りの繰り返しになるでしょう。

よい解決策は思いつきません。

来年の4月を迎えるまで我慢するというのが、一番よい選択肢かもしれないと考え始めています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓応援いただけると日々の更新の励みになりますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 - 不登校・中退, 発達障害