幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

やっぱり学校には行きたくないという息子

   

まだ夏休中の話です。

小学校の校長先生、担任の先生との面談が終わり、2学期からの登校をしばらく見送る事になりました。
【参考記事:2学期から不登校に(校長先生と担任の先生との面談)

その後も、本当に学校に行く気は無いのか、本人の意思を確認しています。

普通と違う事をすることの大変さも。

「みんなが学校に行っているのに、ゆっくんは学校に通っていないと、同級生から何で学校に来ないの?と言われるかもしれない。なぜ学校に行かせないの?ってお母さんも言われると思う。多分、ゆっくんやお母さんの事を変わった変な奴って見る人も多いと思う。それって気持ちが落ち込んでしまう事かもしれない。それでも、学校に行かなくて大丈夫? お母さんはゆっくんが選んだ選択肢を応援するよ。」

「いいんだ。僕は学校に行かず、家で勉強をするんだ」

今のところ、子供の気持ちは変わらないようです。

 

学校の先生とは、子供の状況を報告、情報連携する事を話しています。

学校に行かないと、自由な時間ができます。

でも、どのように時間を使うのか考えなくてはいけません。

 

自由を与えられると、自己責任で全てを決めていかなくてはならなくなり苦痛に思う事もあると思います。

学校に行ってくれた方が親としては、楽です。

 

でも、こういう事を経験できるのは、なかなか無い事だと考え、前向きに何をしていくのか子供と話し合って決めていきます。

子供の事ですから、また気が変わって小学校に復帰するかもしれません。

それとも、私立に転校することになるのか、フリースクールに通うのか。

 

発達障害者支援センターの医師の助言も念頭に置き、子供にとって一番よい選択肢は何かを考えていきます。

それまでのしばらくの間は、家で過ごすことになりそうです。

 

外にも出かけたり、人と接する機会も確保していきたい。

また、考える事が増えました。

手探り状態が続きますが、急がずよく考えていきたいです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓応援いただけると日々の更新の励みになりますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 - 不登校・中退