幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

人と違う生き方・子育てに悩んだ時、勇気や元気をもらえる言葉

   

先日、発達障害者支援センターの医師と面談をしてきました。
【関連記事:発達障害者支援センター医師との面談3

結論としては、公立小学校の枠に縛られず子供に合った教育を模索した方がよいというアドバイスをいただきました。

 

わたしたちとしても、このまま子供を無理に型にはめることよって生じる弊害が大きいのであれば、自分達で一番良い方法を検討していきたいと考えています。

 

暗中模索のような状況です。

 

そんな悩んでいる時に、とても勇気がもらえる言葉があります。

 

 

スティーブ・ジョブズ スタンフォード大学卒業式辞(2005年6月)

アップルの創業者、故・スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学で述べた式辞です。

とても有名なスピーチですのでご存知の方も多いと思います。

Stay hungry,stay foolish.(ハングリーであれ、愚か者であれ)
スピーチの最後に繰り返すこのセリフは、その後のシリコンバレーの精神そのものになったとも言われています。

スティーブ・ジョブズのスピーチの動画はこちらのyoutubeから。

 

このスピーチの内容に一番影響を及ぼしたのは、2003年に彼が患い、手術を受けたすい臓ガンだと考えます。

死と生を意識した式辞は何度見ても心に響きます。

 

ジョブズ氏は養子に出されたところから人生を歩み始め、大学を中退しアップル社を設立。

自分が設立した会社を追い出されて屈辱を味わい、その後復帰。

次々に革新的な商品を生み出しましたが、最後ガンで亡くなりました。

波乱万丈の人生です。

 

 

そんな彼のスピーチから、人生に迷った時に参考になる箇所をいくつか挙げたいと思います。

 

人生における”点と点をつなげる”ことについて(youtube動画 4:30頃)

If I had never dropped out, I would have never dropped in on this calligraphy class, and personal computers might not have the wonderful typography that they do. Of course it was impossible to connect the dots looking forward when I was in college. But it was very, very clear looking backwards ten years later.

Again, you can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something ― your gut, destiny, life, karma, whatever. This approach has never let me down, and it has made all the difference in my life.

もし私が退学を決心していなかったら、あのカリグラフの講義に潜り込むことはなかったし、パソコンが現在のようなすばらしいフォントを備えることもなかった。もちろん、当時は先々のために点と点をつなげる意識などありませんでした。しかし、いまふり返ると、将来役立つことを大学でしっかり学んでいたわけです。

 繰り返しですが、将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなどできません。できるのは、後からつなぎ合わせることだけです。だから、我々はいまやっていることがいずれ人生のどこかでつながって実を結ぶだろうと信じるしかない。運命、カルマ…、何にせよ我々は何かを信じないとやっていけないのです。私はこのやり方で後悔したことはありません。むしろ、今になって大きな差をもたらしてくれたと思います。

日本経済新聞 @Silicon Valley  2011年10月9日 より引用

ジョブズ氏は、スピーチの中で人生における経験を”点”と表しています。

その”点”と”点”は一見関係性が無く、無駄で、非効率のように思われるものもあります。

ですが、人生を振り返ってみると点と点がつながり線になったと言っています。

 

中退した大学の講義に潜って学んだカリグラフィが、後になってアップルの美しいフォントに生かされたという話が、例として挙げられています。

人生で経験すること全てに意味があり、役に立ったということ。

 

人生の回り道や落とし穴にも意味があると思いたいです。

 

 

失敗と信念について(youtube動画 7:48頃)

I’m pretty sure none of this would have happened if I hadn’t been fired from Apple. It was awful tasting medicine, but I guess the patient needed it. Sometimes life hits you in the head with a brick. Don’t lose faith. I’m convinced that the only thing that kept me going was that I loved what I did. You’ve got to find what you love. And that is as true for your work as it is for your lovers. Your work is going to fill a large part of your life, and the only way to be truly satisfied is to do what you believe is great work. And the only way to do great work is to love what you do. If you haven’t found it yet, keep looking. Don’t settle. As with all matters of the heart, you’ll know when you find it. And, like any great relationship, it just gets better and better as the years roll on. So keep looking until you find it. Don’t settle.

 アップルを追われなかったら、今の私は無かったでしょう。非常に苦い薬でしたが、私にはそういうつらい経験が必要だったのでしょう。最悪のできごとに見舞われても、信念を失わないこと。自分の仕事を愛してやまなかったからこそ、前進し続けられたのです。皆さんも大好きなことを見つけてください。仕事でも恋愛でも同じです。仕事は人生の一大事です。やりがいを感じることができるただ一つの方法は、すばらしい仕事だと心底思えることをやることです。そして偉大なことをやり抜くただ一つの道は、仕事を愛することでしょう。好きなことがまだ見つからないなら、探し続けてください。決して立ち止まってはいけない。本当にやりたいことが見つかった時には、不思議と自分でもすぐに分かるはずです。すばらしい恋愛と同じように、時間がたつごとによくなっていくものです。だから、探し続けてください。絶対に、立ち尽くしてはいけません。

 

日本経済新聞 @Silicon Valley 2011年10月9日 より引用

失敗をしても信念を失わない事。

好きな事をやり続けること。

本当にやりたい事が見つかったら、やり続けることが重要。

 

自分の大好きな事を見つけるのは重要な事かもしれません。

どんなに大好きな事であっても、失敗すると凹んで前に進めなくなることもあります。

でも、もし本当にやりたい事であったとしたら、信念に従って動けるようになるのかもしれません。

 

 

死を意識すると、自分の心の声に従うことができる(youtube動画 9:23,12:15頃)

Remembering that I’ll be dead soon is the most important tool I’ve ever encountered to help me make the big choices in life. Because almost everything ― all external expectations, all pride, all fear of embarrassment or failure – these things just fall away in the face of death, leaving only what is truly important. Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose. You are already naked. There is no reason not to follow your heart.

(中略)

Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life. Don’t be trapped by dogma ―which is living with the results of other people’s thinking. Don’t let the noise of others’ opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.

 

 自分はまもなく死ぬという認識が、重大な決断を下すときに一番役立つのです。なぜなら、永遠の希望やプライド、失敗する不安…これらはほとんどすべて、死の前には何の意味もなさなくなるからです。本当に大切なことしか残らない。自分は死ぬのだと思い出すことが、敗北する不安にとらわれない最良の方法です。我々はみんな最初から裸です。自分の心に従わない理由はないのです。

(中略)

 あなた方の時間は限られています。だから、本意でない人生を生きて時間を無駄にしないでください。ドグマにとらわれてはいけない。それは他人の考えに従って生きることと同じです。他人の考えに溺れるあまり、あなた方の内なる声がかき消されないように。そして何より大事なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。あなた方の心や直感は、自分が本当は何をしたいのかもう知っているはず。ほかのことは二の次で構わないのです。

 

日本経済新聞 @Silicon Valley 2011年10月9日 より引用

死を意識すると自分の気持ちに素直になれるということだと思います。

なぜならば、死んでしまえば全てが無に帰してしまうからです。

見栄や世間体、不安、全てどうでもよくなるはず。

 

そして、人生の時間は限られています。

他人の考えに感化され、翻弄され、最後は後悔する。

そんな事は避けなければなりません。

 

“If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?” And whenever the answer has been “No” for too many days in a row, I know I need to change something.

「もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」と。「違う」という答えが何日も続くようなら、ちょっと生き方を見直せということです。

 

日本経済新聞 @Silicon Valley 2011年10月9日 より引用

ジョブズ氏は「自分の心と直感に従う勇気を持つこと」が重要だと言います。

静かな部屋で一人になって、自分の気持ちと向き合うなんてことも大切な事かもしれません。

 

人生は短いです。

子供と一緒に一番よい選択肢を考えていきたいです。

 

 

続きます

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓応援いただけると日々の更新の励みになりますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 - 生き方