幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

一人称の呼び方「うち」が周囲の小学生で流行っているという話

   

子供は自分の事を何て呼んでいますか?

一般的には男の子(小学校低学年)の場合は「僕」や「俺」などと呼ぶ場合が多いのではないかと思っています。

以前の記事で、子供が周りの子供達に感化され「僕」から「俺」に変わった事を書きました。
【関連記事:息子が自分の事を「僕」では無く「俺」と言うようになった。

 

最近、うちの子供も含めて「うち」という呼び方が流行っています。

男の子、女の子ともに自分の事を「うち」と呼んでいます。

 

今住んでいる地域では、「うち」という一人称の呼び方は一般的ではありません。

昔、女子中高生を中心に「うち」とか「うちら」という呼び方が流行っていたように記憶しています。

その流行は廃れたと思っていたのですが、小学生でまた流行っているのでしょうか。

もしくはアニメか何かの影響かもしれませんが、わたしにはわかりません。

 

子供を学校に送る時、空手教室へ迎えに行く時、子供の同級生と会話する機会があります。

「うちね、今日学校でね~」といった感じで、女の子も男の子も話しかけてきます。

小さい子供が「うちね」と話しかけてくるのは、とても可愛いです。

子供がその土地の方言で話しているのを聞くと、かわいいと思うのと同じ感覚で聞いています。

 

「僕」「俺」「うち」と小学校に入ってから自分の呼び方はもう2回変わりました。

子供の流行はとてもはやいです。

今度はどんな事が流行るのか。

周囲との交流をする事で、社会性を身に付けてくれればいいなと思っています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓応援いただけると日々の更新の励みになりますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 - 小学校生活