幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

【通級日記】アニメキャラクターに興味が無いと困る事もある‏

   

通級指導教室での一コマ。

課題は『アニメキャラクターの紹介をしよう』でした。

ポケモンや妖怪ウォッチのキャラクターの絵が5体、A3の用紙に描かれています。

好きなキャラクターを一つ選んで、特徴や必殺技などをプレゼンするように先生から指示を受けました。

子供はぽかんと口を開けています。

アニメやキャラクターものに興味がありません。

ポケモンも妖怪ウォッチもテレビで見た事がありません。

だから、キャラクターが何なのかがわからなければ、指示もよくわかっていない様子。

先生が異変に気付いて、声をかけてくれます。

「えっと、ゆっくんはこのキャラクター見た事ある?」

「ナイ」

困った先生が、どれか選ぶよう息子に言うものの、「どれも興味無い」との回答。

このままだと埒があかないと思ったので、わたしが適当に『ピカチュウ』を選んで、「先生、これでいきましょう」と提案しました。

息子は課題に取り組み始めたのですが、集中できません。

「つまらない」

確かに、知らないキャラクターをわたしたちに説明する事は面白くないでしょう。

でも、そこは授業。

つまらないと感じる課題にも前向きに取り組めるように、隣で声かけをしながら何とか終わりました。

通級の合言葉「どんまい」が頭の中をよぎります。

 

 

まとめ

大人でも、退屈な事を楽しくするって難しいです。

つまらない事やルーティンワークの中に面白みを見つける。

わたしの場合、どうすれば家事をストレスを感じずに楽しく行う事ができるのか。

そんな事を考えました。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓応援いただけると日々の更新の励みになりますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 - 発達障害