幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

気が重い授業参観に出席

   

授業参観に行ってきました。
毎回ながら、憂鬱になります。

でも、子供も楽しみに待っているので今回も行ってきました。

 

授業参観風景

今回の授業参観の科目は『算数』。
100よりも大きな数を数えようという内容です。

 

先生とのやりとり(絡んでいる?)が多かったです。

先生が100単位で数を数えようとしていた場面での先生と息子のやり取り。

息子「先生はお金が大好きだから、お金だと思って数えたら間違えないよ!」

と座席からネタを振る息子。

先生「そうそう、先生はお金が唯一のお友達。よし、お金だと思って数えよう。100円、200円 ・・・ってそこうるさいわ!」

とノリつっこみの先生。

同級生と他のママ達は笑っていました。

 

そんな漫才のようなやり取りが複数回。

他には先回りした解答をしたりと。

 

挙手をしても、なかなか指名されないと飽きてきて、落ち着きが無くなる印象を受けました。

 

 

授業参観後の先生との会話

授業参観が終わった後、先生と立ち話をしました。

わたし「いつもご迷惑をおかけしてすみません。何か対応できる事とかありましたら、遠慮無く言ってください」

先生「ゆっくんは、前よりも良くなってますよ。色々注意するところはあるけれど、面白くて憎めない生徒ですよ」

先生の言葉を額面通り受け取れない気がするのですが、まだクラスには馴染めているようです。

 

 

反省会

気が重い授業参観を終える事がなんとかできました。

子供の帰宅後に反省会をしました。

以前よりも状態がよくなったことを褒めた後、直した方が良いところを確認。

授業参観をハラハラせずに見る事ができるようになるのは何時になるのか。

一歩ずつ前に進みたいと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓応援いただけると日々の更新の励みになりますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 - 小学校生活