幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

【子供の発達障害】通塾は無理。だからこのまま自宅学習。

   

中学受験をするのであれば、学習方法をどうしたらよいのか。

中学受験をされるお子さんは塾に通うのが一般的と聞きます。

 

通塾か、自宅学習か。

色々考えましたが、選択肢は無いように思います。

 

多分、うちの子供は塾には通えません。

ですから、このまま自宅学習を続けることになります。

 

今の彼の発達障害の状況からいって、塾で授業を受けるのは難しいです。

塾に通えば前向きに勉強するかもしれません。

 

しかし、いかんせん協調性に欠けるので、自分勝手に解答を進めたり、時には授業の妨げとなる行動をとることが予想されます。

塾といえども小学校と同じ「授業」なので、結果は同じ。

現状では、他の生徒とうまくやっていくこともできないでしょう。

同じように発達障害を抱えている子供を持つご家庭は、どのように対応しているのでしょうか。

「普通に授業を受けて、クラスメイトと良好な関係を構築する」

そんな当然のような事が難しいです。

 

通級指導教室に通うことで、子供の発達障害の状況は改善するのでしょうか。

わかりません。

改善したとして、通塾が彼にとってよいのかもわかりません。

 

一方、親が最後まで自宅学習で受験勉強の面倒を見るという自信は、正直言ってありません。

わからない事だらけというのが現状です。

 

ただ一つ言えることは、一般常識の型に無理に当てはめない方がよいのではないかということ。

通塾という”普通”の選択肢をとるのが難しいのであれば、他の選択肢をとるしかありません。

学習方法を選ぶ基準は、「子供に合った学習方法」になるでしょう。

 

そもそも、通塾以前に学校の授業形態に今後も適応できない可能性もあります。

だとしたら、通信制学校の利用や、高認(高等学校卒業程度認定試験)経由で大学受験の方が彼にとってはよいかもしれません。

 

いずれにしても子供の成長に合わせて勉強方法を考えていくしかないように感じます。

せっかく受験に挑戦しようと思っているのだから、親子で成長する機会と捉えて前向きに取り組んでいきたいです。

 

受験の結果がどうであれ、もしくは受験しなかったとしても頑張ったことが親子にとってプラスになればいいなと思います。

わたしも、悩んだことが後で笑い話になるように、後悔無い選択をしていきたいです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓応援いただけると日々の更新の励みになりますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 - 発達障害