幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

小学生・中学生の勉強や入試に役立つかもしれない資格検定一覧

   

子供にとって、検定試験の合格証をもらうことが勉強のモチベーション維持に役立っているようです。

検定試験に取り組む子供の姿勢を見て、勉強をする動機付けになるのであれば、検定試験を学習進捗度合を計る指標のようなものとして活用するのもありかもしれないと考えました。

 

そこで、算数検定や漢字検定などメジャーな試験含め、入試時の優遇制度がある検定や日々の勉強に役立つと思われる検定試験にはどの様なものがあるのか調べてみました。

 

 

算数・数学

 
1.実用数学技能検定(算数検定)

検定試験HPへのリンク
実用数学技能検定

実施団体
日本数学検定協会

試験の内容
算数・数学の実用的な能力を測る試験。

各級の難易度
大学相当の1級から、幼児向けのかず・かたち検定まで幅広い範囲で実施。

数学検定

算数検定

 

受験するメリット
1.入試優遇制度を導入している学校があること
検定試験である一定級以上を合格していることで、中・高・大学入試において優遇措置を行っている学校がある。入試優遇制度について

2.高認(高等学校卒業程度認定試験、旧大検)の「数学」が試験免除
2級以上の検定合格で、文科省が行う高等学校卒業程度認定試験の「数学」の科目が試験免除される。

3.単位認定制度
大学・高校などで、一定の等級の算数検定合格者に対して科目の単位取得を認める制度。
全国290校以上の学校で導入されている。単位認定制度

 

 

 国語

 
2.漢字検定

検定試験HPへのリンク
日本漢字能力検定

実施団体
日本漢字能力検定協会

試験の内容
漢字能力を測定する試験。読む・書くという知識量だけでなく、漢字の意味を理解することや、文章中での使用する能力も測定。

各級の難易度
大学・一般相当の1級から、小学校1年生修了程度の10級まで。
勉強を楽しくする漢検(小学生の方へ)マンガで見る漢検受験

受験をするメリット
1.入試優遇制度を導入している学校があること
検定試験である一定級以上を合格していることで、主に高校・大学入試において優遇措置を行っている学校がある。
高校入試では3級以上、大学入試では2級以上が目安。
高等学校における「漢検」資格活用状況調査
大学における「漢検」資格活用状況調査

2.単位認定制度
一定の等級の算数検定合格者に対して科目の単位取得を認めている高校あり。
「漢検」のメリット

 

 

3.論理文章能力検定

検定試験HPへのリンク
論理文章能力検定

実施団体
基礎力財団

試験の内容
論理を土台とした3つの力、読解力・思考力・表現力(言語運用能力)を測定。
総合的に論理力を養うことを目的としている。

各級の難易度
Business(大学生・社会人)、LEVEL10(高校生・大学生・社会人)から、LEVEL0-1(小学生低学年)まで。
論理文章能力検定 レベル別測定能力内容

受験をするメリット
・入試優遇制度を導入している高校・大学があること
論理文章能力検定入試優遇校一覧

 

 

理科

 
4.理科検定

検定試験HPへのリンク
理科検定

実施団体
日本理科検定協会

試験の内容
理科の基礎力を基礎・応用・発展・管理の4段階に分けて評価する。絶対評価である階級別検定(STEP)と、絶対評価&相対評価の到達度検定(SCORE)の2種類の検定方式あり。

各級の難易度
理検STEP 1級~11級(1級高校応用~8級小学4年)
理検SCORE(SCORE100~SCORE30)
 検定の出題範囲と構成

受験をするメリット
高校・大学入試において優遇制度を設定する学校がある。
「理検」高校入試優遇校
「理検」大学入試優遇校

 

 

社会

 

5.歴史能力検定

検定試験HPへのリンク
歴史能力検定

実施団体
歴史能力検定協会

試験の内容
歴史に対する理解を深めて、自分達の歩んでいく道を考える判断力・洞察力を養うことができるよう出題を工夫。1級から5級までレベルごとに試験を実施、合否を判定。

各級の難易度
1級から5級まで(5級は小学校修了程度の基本的な日本史の問題)検定レベル
※3級以上は日本史と世界史に分かれるため、各個受験が必要

受験をするメリット
1.高認(高等学校卒業程度認定試験、旧大検)の「日本史B」「世界史B」が試験免除
2級以上の検定合格(日本史2級、世界史2級)で、文科省が行う高等学校卒業程度認定試験の「日本史B」、「世界史B」の科目が試験免除される。

2.入試等での評価の対象になること
大学や高校で、入試時に資格取得者を評価の対象や参考にしている学校や、卒業に必要な単位として歴検合格を単位認定している学校あり。

3.通訳案内士試験の一部受験科目が免除
日本史2級以上の合格者は、通訳案内士試験の筆記試験科目「日本歴史」が免除される。(通訳案内士試験ガイドライン

 

 

6.ニュース時事能力検定試験

検定試験HPへのリンク
ニュース時事能力検定試験

実施団体
日本ニュース時事能力検定協会他

試験の内容
新聞やテレビのニュース報道を読み解くための「時事力」を検定・認定するもの。

各級の難易度
1級から5級までの6段階(準2級含む)に分けて考査。受験の目安としては、1級は大学生一般、5級は小学校中高学年・中学生等。

受験をするメリット
入試時の優遇等は無し。

その他
日本ニュース時事能力検定協会は名誉会長に養老猛司氏、理事に池上彰氏が就くなど著名人が名を連ねる。

 

 

7.旅行地理検定

検定試験HPへのリンク
旅行地理検定

実施団体
旅行地理検定協会

試験の内容
地理を理解することで、旅行をより楽しく充実したものにすることを目的に開始された検定。学生から旅行会社社員まで幅広い層が受験。

各級の難易度
国内旅行地理検定試験と海外旅行地理検定試験があり、それぞれ難易度別に1級から4級まで(実施要項)。4級は高校生・専門学生・大学生が主として対象。

受験をするメリット
入試時の優遇等は無し。

 

 

英語

 
8.実用英語技能検定

検定試験HPへのリンク
実用英語技能検定

実施団体
日本英語検定協会

試験の内容
英語4技能(話す・聞く・読む・書く)のバランスを重視し、社会で求められる実用英語を出題。

各級の難易度
1級から5級までの7つの級が設定されている(大学上級程度の1級から中学初級の5級まで)。各級の目安

受験をするメリット
1.入試優遇制度・単位認定制度を導入している学校があること
検定試験である一定級以上を合格していることで、中・高・大学入試において優遇措置を行っている学校がある。また、英語科目の単位認定を行っている学校がある。
入試優遇・単位認定制度を導入する学校数は合計1,740校に及ぶ。入試優遇・単位認定制度導入校一覧

2.高認(高等学校卒業程度認定試験、旧大検)の「英語」が試験免除
準2級以上の検定合格で、文科省が行う高等学校卒業程度認定試験の「英語」の科目が試験免除される。

3.通訳案内士試験において筆記試験の一部科目免除
1級合格者は、筆記(一次)試験の外国語(英語)の科目受験が免除される。通訳案内士試験

 

 

まとめ

各教科ごとに様々な試験がありました。

うちの場合、高認試験の科目免除ができる検定(数学検定、歴史能力検定、英検)に特に興味があります。

受験のためだけでなく、教養として受験できるくらいの心の余裕があればいいのになと思いました。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓応援いただけると日々の更新の励みになりますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 - 中学受験