幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

先取り学習を行う時に気を付けたい3つのポイント

   

前回の記事では、一般的に言われている先取り学習の弊害についてみてきました。

先取り学習に否定的な意見が多いように感じます。

 

うちは子供が算数を先取り学習をしています。

算数好きから始まった先取り学習と小学校の義務教育の両立はできないでしょうか。

先取り教育が、個々の子供に合った教育の選択肢の一つとして選択できるようにするにはどうしたらよいでしょうか。

 

先取り学習をする時に気を付けたいポイントについてまとめたいと思います。

 

 

 

先取り学習をする時に気を付けたい3つのポイント

先取り学習を行う場合にどんなことを気を付けたらよいでしょうか。

前回の投稿でまとめた先取り学習の弊害(1.小学校の授業をきちんと受けなくなる、2.子供の発達に応じた教育をした方が望ましい、3.親が子供に勉強を強いることで、子供が勉強嫌いになる)を踏まえて、気を付けたいポイントを3つ挙げます。

 

先取り学習をする時に親が気を付けたい3つのポイント
  • 小学校の授業はきちんと受けることを子供と約束する

  • 子供の理解速度に合わせて学習する

  • 子供が勉強嫌いであれば無理に先取り学習を行わず、まずは勉強好きになる方法を考える

 

 

・小学校の授業はきちんと受けることを子供と約束する

小学校の授業は一人で受けているわけではありません。

自分ひとりがわかっているから授業を放棄するということでは、クラス運営に支障をきたしてしまいます。

 

先取り学習をする場合には、子供と”授業はしっかり受けること”を言い聞かせた方がよさそうです。

小学校の授業は復習としてしっかり聞くこと。

先生の説明やクラスメイトの解答から新しい発見もあるかもしれません。

 

同じ学年でみんな同じことを同じスピードで学ぶ。

理解度別授業を行っていない日本の学校の授業に参加するからには、決まりを守っていく必要があると思います。

 

 

・子供の理解速度に合わせて学習する

先取り学習といっても焦って早く進める必要はないと思います。

子供の理解スピードに合わせて進めていけばいいのではないでしょうか。

 

先取り学習の批判の一つに、子供の脳や心の発達に合わせて学習をすべきという意見がありました。

子供の発達は、個々の子供によって異なります。

であれば、子供の発達度合に合わせて学習スピードを変えるということもよいかもしれません。

 

親は子供に出来る限り早く学習が進んで欲しいと思ってしまいがち。

でも、早く学習を進めるがあまり、学習内容が定着していなかったなんてことになれば、本末転倒です。

きちんと内容が理解しているか確認しながら先取り学習したいです。

 

 

・子供が勉強嫌いであれば無理に先取り学習を行わず、まずは勉強好きになる方法を考える

先取り学習を行ったために、子供が勉強嫌いになることは避けなくてはいけません。

親が子供のためを思って勉強を一生懸命教えた結果、子供が勉強嫌いになったら悲しいです。

 

わたしは、親が子供に”勉強することの面白さ”を教えることができれば、それが一番理想的な家庭教育ではないかと考えています。

なぜならば、子供が「勉強が面白い」と感じるようになったら、自主的に学習に取り組むと思うからです。

問題がわかったり、新しい知識を理解したりした時の楽しさを子供が知ったら、勉強が好きまでならなかったとしても、きっと勉強アレルギーになることはないはず。

 

学校では、生徒一人一人に対して勉強の面白さを発見させてあげられるほどの時間は、多分ありません。

だから先取り学習を通じて、子供が勉強の面白さを実感する体験できればよいと考えます。

 

 

まとめ

先取り学習の是非は、子供個々人によると思います。

重要なポイントは、”子供が勉強をしたいか、したくないか”だと考えます。

子供が勉強をしたいという気持ちがあれば、勉強させてあげたらいいのでしょう。

 

わたしは、目先の受験だけを意識して先取り学習をさせることはやめようと思っています。

生きていくことは日々学習していくことと同じ。

子供が大人になっても自発的に学習し続けられる人間になるといいですよね。

 

子供と一緒に”知の探究”をしていく、そんな家庭学習を目指していきたいです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓応援いただけると日々の更新の励みになりますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 - 学習方法, 育て方