幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

『やさしくまるごと小学シリーズ』小学生の教育にインターネット動画を活用してみる

   

 

うちの家では、子供のタブレット・PCの使用を認めています。

子供にインターネットを触れさせるのには賛否あると思います。

それでも子供に許可をしているのは、インターネットを通じた動画による学習がとても効率がよいと考えるからです。

映像と声で説明してくれると子供の理解度が段違いに早いです。

 

とは言うものの、子供に不適切なコンテンツへのアクセス等も気になります。

検討した結果、以下のような厳格な運営の元インターネットを利用させています。

通常は暗号ロック(定期的に変更)をかけてます。使用ができる時は親がいる時のリビングのみ。

使用目的は学習に関連することに限る。

 

暴力的なコンテンツや課金など、子供のインターネット利用をする上で気を付けなくてはいけない事が多いですよね。

しかし今はインターネットの利用が当たり前の社会なので、避けるのではなく、健全な利用法を学んで欲しいと思っています。

 

 

やさしくまるごと小学教科シリーズ

社会と理科の学習に動画教育を取り入れています。

算数と国語は親が机上で教える場合でも、それほど苦になりません。

一方で、理科と社会は、実験や地理など映像を見た方がわかりやすい内容のものが多いからです。

 

動画でまとまっている教材はないかと探して、現在は学研から出版されている「やさしくまるごと小学社会」と「やさしくまるごと小学理科」で学んでいます。

 

本シリーズは、小学校の4科目(算数、国語、理科、社会)出版されています。

特徴としては、1冊学習すればで小学校の科目内容を全て網羅できるというもの。

 

1単元は8ページで単元の終わりに力だめしの問題があります。

youtube動画で先生の授業を見ながら勉強ができ、とても役立っています。

1単元約10分前後で終わるのも、子供の集中力が切れずによいと思います。

 

うちでは週末、この本を使って一緒に社会・理科を学んでいます。

動画で学習することで実験の内容もよく理解できるらしく、「実験をやってみたい」と言われます。

 

 

他にも使える動画教育教材はないか探しています。

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。

 - 学習教材, 本の紹介