幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

【子供の発達障害】ある保育士の悩み「保護者に発達検査をすすめるのはものすごく難しい」

   

わたしが所属する子育てNPOの同僚から聞いた話です。

最近NPOに参加した方です。ここでは”はなちゃん”とします。

今もNPO活動と並行してパートタイムで保育士の仕事をしています。

 

仕事中に、わたしは子供の発達障害の事を話をはなちゃんにしました。

そうしたら彼女は「発達障害に理解がある家庭ばかりだといいんだけれど…」と言いました。

 

 

発達障害のことを保護者と相談するのは難しい

はなちゃんは保育士の仕事をしている時に、発達障害の可能性があるお子さんに気が付くということです。

他の保育士も含め、毎日様々な子供達をみている彼女達は「ちょっと他の子と違うかも」とわかるみたいです。

 

発達障害の恐れがある子供は、発達検査を受けた方がよいとはなちゃんは考えています。

なぜならば、早期に発達障害であると分かって適切なフォローを受けた方が、その子の成長のためには好ましいと思っているからです。

 

でも保育士達は、”子供の発達障害の可能性”を保護者に伝え・相談するのはとても躊躇すると。

というのは、発達障害に対して理解がある親が少ないからです。

「うちの子は変じゃない!」

相談した途端にそう怒る保護者も多いようです。

 

発達障害に対して偏見を持っている方も多いのかもしれません。

 

 

子供が発達障害って言われることは悲しいけれど…

確かに、いきなり”発達障害”のことを保育士から話をされたら、憤る保護者も多いかもしれません。

「あなたの子供は普通じゃない」と言われているみたいに感じます。

しかし、本当に子供の事を思っているのであれば、検査を受けてみた方がよいと私も考えます。

発達障害で無かったら取り越し苦労で終わる話ですし、もし発達障害であったら適切なフォロー体制を構築するチャンスだと思います。

 

子供の個性は色々なのだから、育て方や教育方法も子供の数だけあってもよいと思います。

“普通”よりも”個性的”そんな子供を受け入れ、一緒に学んでいく、そんな育て方をしていきたいです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓応援いただけると日々の更新の励みになりますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 - 発達障害