幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

算数検定8級(小学校4年程度)の受験結果・勉強方法

   

3月12日に受験した算数検定8級の結果が返ってきました。

 

30点満点中26点で合格でした。
(21点以上で合格です)

 

30問中4問間違えました。

間違えた4問のうち2問は計算のケアレスミスでした。

 

受験者全体の結果としては、合格率90.5%、平均点25.4点。

約9割の受験生が合格しています。

 

多分、皆さん学習進捗状況の確認のため受験しているのでしょう。

子供は算数検定の合格証がもらえたのが嬉しいみたいです。

 

子供にとっては、小学校1年生最後の算数検定となりました。

 

 

勉強方法

算数検定は、基本問題が中心です。

捻った問題は出てきません。

 

ですので、算数の教科書理解と並行して、教科書ワークの問題を解きながら学習を進めました。

後は、数学検定協会から出版されている過去問題を複数回繰り返せば、合格レベルにまで達すると思います。

 

 

感想

算数検定を学習進捗の一つの目安に活用するとよいかもしれません。

子供も合格証を手にすると、次の級に向け頑張ろうというモチベーション向上につながっています。

 

客観的にみると、算数検定はオーソドックスな問題が多いので中学受験レベルからは程遠いかもしれません。

ですが、ひとつずつ結果を出していくのが本人の自信になると思っており、これからも受験をしていきたいです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓応援いただけると日々の更新の励みになりますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 - 算数