幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

子供の成長痛がひどい。病院での診察と原因。

   

最近、子供の成長痛がひどいです

夜になると足が痛いと言います。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、念のため「成長痛」用語説明の引用です。

2~6歳の子どもで、日中は元気よく遊んでいるのに、夜寝ているとき、急に脚(あし)が痛いといって目を覚まし、泣いたりしますが、痛みは長く続かず、さすってやったり、だっこしたりすると治り、また寝てしまう状態をいいます。

脚にけがや炎症はなく、翌日には何事もなく跳びはねているという特徴があります。月に1~3回の割合でおこり、1~2年くらい続くことが多いものです。

脚の急激な成長の過程に多くみられるので、いわゆる成長痛と呼ばれています。しかし、成長は子どもにとってあたりまえのことですから、成長そのものが直接の痛みの原因とは考えられません。

もし、成長するための痛みであるなら、すべての子どもが痛みを訴えるはずです。

したがって、成長痛という名称は、原因不明の子どもの脚の痛みをいうのに便利な一般用語であっても、医学的には適当な名称ではありません

いわゆる「成長痛」の多くは、日中に運動した後の、単なる脚の疲労感を、まだ十分にことばで表現できない幼・小児が、もっとも表現しやすい「痛み」ということばを使って訴えているものと考えられます。

夜に訴えることが多いのは、昼間とちがい、就寝時や睡眠中には子どもの心の抑制がとれ、「痛み」を訴えやすい時間帯になるからでしょう。

また、家庭や学校を含めた生活環境の変化や、心理的ストレスによる、心や睡眠の軽い障害が、「痛み」として表現されたとも考えられます。

コトバンク 家庭医学館 より引用

成長痛という言葉は聞いたことがありましたが、医学用語では無いのですね。

 

 

成長痛のはじまり

ある日を境に、子供が夜になると足が痛いと言うようになりました。

部位はその時によって変わります。

膝だったり、足首だったり。

「痛くて眠れないんだよ」と言って寝室から起きてくるときも。

 

“夜に痛い”、”痛がる部位が足に集中”していることから、これが噂に聞く成長痛かと理解しました。

ただ、あまりにも頻繁に痛がるので、空手の練習中のうちみや他の病気の可能性もあるかと心配になり、病院に連れていくことにしました。

 

 

病院での診察

近くの整形外科に連れて行き医師の診察を受けました。

「最近どこかでぶつけたことが無いか」など問診の後、「特に心配する必要は無いでしょう」との診断結果となりました。

子供には、こうした成長痛とみられる足の痛みが発症することはよくあるようです。

 

対策は「特に無い」と。

様子を見る他に選択肢は無いようです。

 

 

成長痛の原因を考える

冒頭の用語説明のように成長痛の原因は、はっきりとはわからないとのこと。

ですが、うちの子供の場合、急な成長が原因かもしれないと思っています。

というのは、急に身長が伸びたのと成長痛が始まった時期がほぼ重なるからです。

 

今年4月に小学校2年生になって間もないですが、洋服は140cmを着るようになりました。

1年間で約10cmほど身長が伸びたようです。

 

洋服は買って間もなく、すぐに着られなくなるという誠に勿体ない状況になっています。

成長スピードが鈍くなるまで、洋服は安いものもしくは、古着で済ませようかと思っています。

着衣数も絞っているため、ヘビーローテーションになりつつあります。

 

クラス内での身長は高い方から数えて2~3番目になりました。

他のママに会った時に、「えっ、ゆっくんすごく身長が伸びたね」と言われます。

病気が原因で足の痛みが発生しているわけではないことが確認できたのでよかったです。

 

お子さんが夜、足が痛いと言ったら成長痛かもしれません。

心配であれば、医師の診断を受けるのも選択肢かと思います。

子供の成長の一環で痛みが発生しているとわかれば、安心できますよね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓応援いただけると日々の更新の励みになりますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 - 日常生活