幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

「何が起こっても人生を決めるのは自分」頭をトラックで轢かれて、顔も人生も滅茶苦茶になってしまった女性の話

   

モデルをしていたような美貌の持ち主が、事故で顔面がぐちゃぐちゃになってしまったら、普通に暮らせるでしょうか。

先日の記事で紹介した映画happyでインタビューを受けていたアメリカ人女性の話です。

 

 

人生を狂わせた事故と絶望を乗り越えた話

メリッサ・ムーディ。
インタビューに答える彼女の様子に、若い時モデルをしていた頃の面影を見る事はできません。

顔全体が歪んで見えます。

右目が不自然に吊りあがり、口も右上に引き攣っています。鼻も曲がっているように見えます。

 

メリッサはテキサスの牧場で夫と3人の子供と不自由なく暮らしていました。

幸せな家族の時間は、事故によって一変してしまいます。

 

1992年、牧場で義理の妹と口論に。

義理の妹がトラックを動かした際、運転するトラックにメリッサの手が引っかかり、トラックの下敷きになってしまいます。

トラックの車輪が背骨から頭の上を乗り上げて、顔が潰れてしまう。

家族が牧場に倒れるメリッサを発見した時に、母を認識できたのは手だけだったそうです。

 

夫は、事故のショックでアルコール中毒になり、2人は離婚をします。

メリッサは、9年間全く動けず30回もの手術に耐えなければなりませんでした。

 

「生き延びた事実に憤りを感じた。」

自殺も考えた。

「でも自殺はいつでもできる。子供達には私が必要」

 

映画 happyより引用

それから彼女は必死にリハビリ、仕事をして子供を育てました。

それまでの完璧主義をやめ、全ての人生を包み隠さず受け入れることで、心に平穏が訪れたといいます。

元夫とは義理の娘の結婚式で再会し、二人は再婚をすることができました。

 

彼女の言った言葉が心に残っています。

「昔より、今の方が幸せ。心が安定して迷いがなく、自分の真の姿とのつながりを受け入れている。」

「何が起きても人生を決めるは自分」

happy より引用

 

 

 

今持っているものが大事

ウィスコンシン大学心理学・精神医学教授のリチャード・デビッドソン博士は、「逆境は決して悪いものでは無い」と言います。

幸せの鍵となるのは、如何に逆境を早く乗り越えられるかということです。

幸福感を感じる人は、逆境。苦としないのでは無く、どん底からの回復が早いのだと。

 

 

 

まとめ

今回の話から、幸せのポイントは「無いものを嘆くのではなく、今あるものを見つめる」ことだと思いました。

人と自分を比較しても良い気分にはなりません。

人を羨み、落ち込んだり、妬んだり。

それよりも、自分が今持っている事を見つめて感謝する事のほうが幸せですし、健全かもしれません。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

↓応援いただけると日々の更新の励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

 

 - 書評・映画等