幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

子供の発達障害 通級指導教室の保護者説明会に行ってきました

   

定員がいっぱいでいつから通えるかわからないと言われていた通級指導教室。

今年の春から通えるようになったらしく、事前に保護者向け説明会が開催されたため話を聞いてきました。

 

 

通級指導教室説明会の概要

説明会の内容
1.4月までの予定
2.通級についての説明

 

通級指導教室は5月に始まるということでした。

4月のクラス替え・担任が決定してから、学校と連携しながら通級指導教室を始めるため5月スタートになると。

 

5月の通級指導教室開始前にすることは次のようなものでした。

通級指導教室開始までの予定
4月初め 通級指導教室の担当が学校訪問
4月中旬 通級希望時間のヒアリング
4月下旬 通級指導教室の時間割決定

 

通級指導教室の担当の先生が、事前に担当生徒の様子を見にくるところから始まるようです。

通級指導教室は、子供が通っている隣の小学校に設置されます。

週に2時間開催されるので、予め時間割を決定して、毎週同じ時間に子供と一緒に隣の小学校に行く必要があります。

通級指導教室は親も一緒に参加するということを、わたしは知りませんでした。

わたしは仕事をある程度コントロールできるので毎週出席ができますが、保護者の方がフルタイムで働いているご家庭は大変ではないかと思いました。

通級指導教室は、基本的には2年で終了するとのことです。

 

 

通級指導教室の担当先生からお願いされた事

説明会で一番印象に残っているのは、通級指導教室の担当先生からのお願いされた内容です。

お願いは、「通級指導教室での活動で、子供ができた・できないに関わらず怒らないで受け入れて欲しい」というものでした。

通級指導教室で担任の先生は、決して怒らないそうです。

なぜならば、通級指導教室に通ってくる子供は、学校や家庭でいつも怒られて傷ついている子が多いから

少なくとも通級指導教室に通っている時は、できる限りのびのびと子供のやりたい事をさせてあげたいとおっしゃってました。

 

 

まとめ

通級指導教室開始によって子供がどう変わるのか、それ以前に合うのか合わないのか、現状はわかりません。

ただ、通級指導教室の担当先生のコメントにもありましたが、通級時間が子供にとって楽しい時間になればいいなと今は思っています。

わたしも一緒に子供との関わり方を勉強していきたいです。

通級指導教室については、開始されたら進捗状況をお伝えできればと思っています。

 

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。

↓応援いただけると日々の更新の励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

 

 - 発達障害