幼稚園中退、小学校不登校から始める中学受験日記

中学受験日記|発達障害と診断された子供を持つ親が悩みながら共に成長を目指す記録(夫婦当番制で記載)。同じ境遇にある家庭と共に歩む記録。

7才にして子供が花粉症になってしまった

   

子供が花粉症と診断されました。

2月に入ってから、くしゃみが止まらなかったり、鼻水がでたり。

わたしが花粉症なので、もしやと思って耳鼻科で診断を受けたところ、黒判定でした。

ちょっとこの歳で花粉症になるのは早いし、かわいそうです。

 

 

薬を飲ませるのか悩む

花粉症患者だからわかる、春の辛さ。

これからのシーズン花見どころではありません。

症状が酷い年は、アレルギーの影響なのか発熱します。

目も痒くてどうにもならなくなります。

 

うちの息子は、まだそのような段階までは進んでいないものの、くしゃみが続いて辛そう。

子供にあまり薬を飲ませたくなかったものの、背に腹は代えられず、薬を処方してもらいました。

 

 

花粉対策を試行錯誤

薬に頼りすぎるのもよくないと考え、花粉対策もいています。

今行っている事は以下5点です。

1.外出時はマスクをする
2.花粉用の眼鏡を着用
3家にはいるときには、ブラシで全身払って(花粉を落として)から
4.空気清浄機を購入する
5.床掃除は、クイックルワイパーで拭く(掃除機で吸うと、排気口から花粉をばら撒いてしまうと)

上記対応策を行ったところ、わたしも子供も症状が改善しました。

 

 

まとめ

一度花粉症になると、残念ですがずっと付き合っていかなくてはいけません。

勉強や仕事の効率も著しく低下するため、対応策が必要。

 

薬も個々人で合うもの、合わないものがあります。

薬の種類によって物凄く眠くなるもの、あまり効かないものなど色々ありました。

 

薬を飲んでいる方も、症状が改善しなかったり、眠くなるようだったら、医師に相談して薬の種類を変更いただくのもありだと思います。

早く春の花粉シーズン、早く過ぎ去って欲しいです。

 

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。

↓応援いただけると日々の更新の励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

 

 - 日常生活